• シルシ / SHILSHI

安定した人気を誇る音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の魅力と利用すべきユーザー層

更新日:9月1日


10代~30代の男女にとってはもはや当たり前となりつつあるのが、「サブスク(定額制)音楽ストリーミングサービス」の利用でしょう。


音楽をCDで購入して聴く時代から、サブスクの音楽ストリーミングサービスを利用して好きな音楽や気になる音楽を思う存分聴く時代へと変化しています。


そんな音楽ストリーミングサービスの中でも、日本トップクラスの人気を安定して獲得しているのが、「Apple Music」です。


その名前を聞いてわかる通り、iPhoneやiPad、Macといった世界的な大ヒットデバイスを生み出した「Apple社」が提供しているサービスとなります。


「Apple Music」はなぜこれほどまでに大きな支持を受ける音楽ストリーミングサービスとなったのでしょうか?


この記事では、そんな安定した人気を誇る音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の魅力と利用すべきユーザー層について解説していきたいと思います。




「Apple Music」の概要

サービス名:Apple Music


WEBサイト

https://www.apple.com/jp/apple-music/


運営企業:アップル社


ユーザー数:6000万人以上


日本配信曲数:約7500万曲


プラン

個人プラン980円

個人プラン年間契約(9800円)

学生プラン480円(高校生利用不可)

家族プラン1480円


無料トライアル:3ヶ月


利用端末:iPhone、iPad、Mac、Android(iCloudミュージックライブラリを同期する必要あり)




「Apple Music」の魅力

「Apple Music」の魅力と言えば何と言っても「iPhoneユーザーにとって使いやすい」という点でしょう。


普段からiPhoneを使用しているユーザーならば、そのデザイン性も全く違和感がなく操作性も直感的にコントロール可能なのです。


日本国内の音楽ストリーミングサービスでは、どのサービスも金額に大きな違いがないため、操作性の違いというのは考える以上に大きかったりします。


使い勝手が良いことで、ストレスなく様々な音楽を聴いて楽しむことができるのです。


そして、「App Store」や「iTunesギフトカード」での支払いも可能という点も嬉しいポイントと言えるでしょう。


また、その他にも「Apple Music」の魅力は多く存在します。



・圧倒的な配信曲数

「Apple Music」の配信曲数は約7500万曲と言われており、日本の音楽ストリーミングサービスの中でもトップクラスの配信曲を誇っています。


人気曲はもちろんのこと、マイナーな曲や洋楽なども多く配信されているので、コアなファンやヘビーユーザーを飽きさせることもないのです。


また、「Apple Music」限定で先行配信される楽曲を楽しめるというメリットもあります。



・歌詞をいつでも表示可能

お気に入りの曲は歌詞も気になるものですし、曲に合わせて口ずさむ機会も多くなるはずです。


「Apple Music」では、歌詞が表示されるだけではなく、「タップして歌詞の先をチェックする」「歌詞をOFFにして音だけを楽しむ」など、自由自在に楽しむことができます。



・アプリ内で曲を「歌詞で探せる」

気になる曲のワンフレーズはわかるけど曲名が出てこないことって意外に多いものです。

「Apple Music」では、アプリ内で歌詞検索ができるので、すぐに聴きたい曲が探し当てられるのです。



・Siriに頼む事も可能

近年では特に若年層を中心に「音声検索」が当たり前になってきています。

アーティストの名前やジャンル、ムードなどをSiriに頼むだけで一発検索してくれます。



・「Radio」カテゴリーで「Beats1」が提供する番組などを聴くことができる

「Apple Music」では、大物アーティストがパーソナリティを務めるライブ配信番組やラジオ番組などを聴くことができます。

このサービスは他の音楽ストリーミングサービスにはないので、「Apple Music」ならではの魅力と言えるでしょう。



・過去に再生した楽曲をもとに音楽を提案してくれる「For You」機能

過去に再生した楽曲を分析しておすすめの音楽を提供してくれる「For You」機能も嬉しいメリットの一つです。




まとめ

今回は、安定した人気を誇る音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の魅力について解説してきました。


ここで挙げた様々な魅力を考えると、以下のような人たちが「特に利用すべきユーザー層」だと考えられます。


・普段からiPhoneやiPad、Macなどを利用しているユーザー


・多種多様な楽曲を聴きたいという願望のあるユーザー


歌詞を読み解いたり音に合わせて口ずさみたいユーザー


音声検索を普段から使っているユーザー


「Apple Music」は、他の音楽ストリーミングサービスと比べると、比較的「万人受けするサービス」であると感じます。


「最近音楽ストリーミングサービスが気になっている」という人は、ぜひ「Apple Music」を試してみてはいかがでしょうか?